ニキビケアにも有効

青汁

身体の中からニキビケア

食事の栄養バランスが悪いと肌に良い影響を与える栄養素が不足して、ニキビができやすくなってしまいます。スキンケアを丁寧に行っても、なかなかニキビが治らないという悩みがある人は、しっかり栄養素を補って、身体の中からニキビ対策してみましょう。健康食品として有名な青汁には、ニキビをできにくくしたり、治りを早めてくれるような栄養素が豊富に含まれています。青汁に含まれるニキビ対策に効果的なのは、ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEといったビタミン類です。ニキビは皮脂分泌が過剰な肌質だとできやすいですが、青汁に多く入っているビタミンB2は脂質の代謝に関わっています。脂質が上手くエネルギーとして使われないと、皮脂の分泌が増加し毛穴を詰まらせてしまうことで、ニキビもできやすくなります。洗顔をしても皮脂で肌のべたつきが気になる・・という人は、ビタミンB2の含有量が多い青汁を意識して補ってみてはいかがでしょう。ビタミンCは美肌を作るために必要不可欠な栄養素と言われており、実際多くの美容サプリメントにも配合されています。ニキビの治りが遅くなると色素沈着を起こし、ニキビ跡ができてしまうケースも少なくありません。ビタミンCは色素沈着の原因となる、メラニン色素の生成を抑える作用があるので、ニキビだけでなくニキビ跡対策としても有効です。さらにビタミンEは皮脂を増加させる活性酸素を除去する作用や、肌のターンオーバーを促進する働きがあり、ニキビ予防だけでなくニキビの改善も促します。毎日、これだけのビタミンを野菜や果物から補給するのは大変なので、手軽に青汁から補ってニキビケアすることがおすすめです。