持病がある人は注意しよう

男女

飲み合わせの悪い薬

健康食品として有名な青汁ですが持病がある人が服用する場合、飲み合わせの悪い薬も存在しているので注意が必要です。ケールや大麦若葉、明日葉など青汁の原材料となる植物には、ビタミンKという栄養素が多く含まれています。ビタミンKは出血をしたときに血液を固める作用や、骨を丈夫にする働きがある栄養素と言われており、健康維持のために必要量を摂取する必要があります。しかし、持病で血液をサラサラにする薬を服用している人が、ビタミンKをせ摂取するのは危険です。脳梗塞や心筋梗塞など血栓症を予防するために、ワーファリンなど血液の流れを良くする薬を毎日飲んで治療をしている人も少なくありません。青汁に含まれるビタミンKは血液を固める作用があるため摂取すると、血液の流れを良くする薬の効果を低下させてしまう恐れがあります。もし、血液をサラサラにする薬を服用して治療しているときに、青汁を服用したい場合は必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。ワーファリンの他にも抗生物質や卵胞ホルモン薬の中にも、青汁と飲み合わせが悪いものがあるようです。持病がなくても、一時的に病院で薬を処方して服用している場合は、青汁と薬の飲み合わせにまで注意が行き届かないケースが考えられます。日頃から定期的に青汁を服用している人は、飲み合わせが悪い薬もあることを覚えておくと良いでしょう。飲み合わせが悪い薬さえ避けて補えば、青汁で体調を悪くするということもなく、安心して飲み続けることが可能です。