豊富な栄養素で健康に

青汁

苦みやクセが少ない

青汁にはビタミンやミネラルなど、健康を保つためには必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。青汁の主な原料は大麦若葉やケール、明日葉などがあり、それぞれに栄養成分や風味に違いがあります。ケールや明日葉は味に独特の苦みやクセがありますが、大麦若葉は比較的味に苦みやクセが少ないのが特徴です。市販されている青汁は大麦若葉が原料のものが多く、小さなお子さんでも飲みやすいように作られています。大麦若葉はイネ科の野菜で栄養素が豊富に含まれており、生活習慣病予防や疲労回復、美肌効果などの多くの健康効果があります。大麦若葉には他の野菜に比べてSOD酵素という成分が多く含まれています。SOD酵素とは体の老化スピードを遅らせる抗酸化物質のひとつで、そのパワーは強力です。SOD酵素が含まれる食品を摂取することで、加齢に伴う体の老化や病気の予防ができると期待されています。また、大麦若葉には骨を強くするカルシウムや、高血圧予防になるカリウム、新陳代謝の働きをサポートする亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれています。ミネラルが不足すると、貧血や生理不順、抜け毛など、さまざまな症状が起きる可能性があります。青汁は毎日継続して摂取することで、健康効果が得られると考えられています。大麦若葉の青汁は抹茶のような風味がするので飲みやすく、野菜が苦手な方でも毎日飲み続けることができます。牛乳やヨーグルト、スムージーに混ぜて飲むアレンジ方法もあり、お子さんが飲む場合は、はちみつを足して甘みをプラスしたり、きなこを混ぜると青臭さが気にならなくなります。